株式会社ナベセイ面接体験


いつもご覧いただきありがとうございます。

ナベセイのモロです。

お待ちしていた方もいると思うので、久しぶりの投稿になり申し訳ありません。

さて、今回はいつもと少し話を変えてナベセイ面接時の話でもしようと思います。




面接に向かった時

ハローワークから紹介を受け、ナベセイの面接に行くために宮内にある第2工場へ行きました。


ナベセイは3社目の面接だったのですが、ハローワークから電話で面接のお願いをする時から好印象の会社だったので、緊張よりも楽しみのほうが勝っていました。




いざ、面接へ

面接担当は工場長の片さん(片山さん)でした。


・汎用旋盤士が今どれだけ少なく貴重な人材なのか?

・給料はどのくらいを望んでいるのか?

・今までどのような金属を扱いどのような加工をしていたのか?

・加工費や加工時間などを元にどのくらいの貢献をすれば会社に見合う人材になれるのか?

・ナベセイでどんなことを学び覚えできるようになりたいのか?

など様々なことを聞いていただいたり話してくれました。




そして工場見学

宮内の第2工場には敷地内いっぱいに機械が入っていました。


前職場では汎用機しか置いていなかったので、初めて5軸の加工機を見たときは今はこんなハイテクな機械があるのかと驚きました。


汎用機もありNC加工機やマシニングもあり、ここで働かせてもらえれば色んなことを学び成長し知識をつけられるし何よりワクワクが止まらなくなり仕事が楽しそうだなと感じました。




そのあとにあった出来事・・・

面接、工場見学が無事に終わり帰宅する時間になったのですが急に社長の渡辺さんが

「もうお昼の時間だし一緒にお昼食べよう。」と言ってくれました。


面接なのにこんなこともあるんだ!?

と驚きもしましたし何よりもチームワークや従業員さん達を大事にする会社なんだなと感じたことと、僕自身素直に嬉しかったのを今でも思い出します。




最後に・・・

今回は少し話を変えた内容だったのですが、いかがでしたでしょうか?


自分自身でもこうやって文章におこしてみて思い出すことやまた感じるものもありました。


それはナベセイという会社や、そこに勤めている人たちはみんないい人で出会えて本当に良かったなと感じたこと。


そして、僕自身はナベセイで知識をつけ技術を磨き、会社や困っている人々に貢献できる自分になることを目標に日々精進していきます。